ARCHIVES
想いは繋がる...
大杉隼平写真展「日常と非日常 1年経って思い出したあの日」東京の展示が終わりました

福島の今の写真、20キロ圏内の景色と共に福島の人達の言葉、想いの展示
感じ方も受け取り方もそれぞれだと思います
でも今、知る事が大切だと信じ、向き合いたいと思った
なにかがしたい...その想いだけはいつも心にあります

世界中からの想い
この展示がはじめる時に記した言葉です

「同じ空の下、みんなが繋がっていられますように…」
人はヒトと繋がり支え合って、手を取り合って生きている。
時間は絶えず流れる。この瞬間にできることを探し、その一歩を踏み出そう。
泣いたり、笑ったり、悩んだり…それでも続いていく歩み。
編み込まれた糸のようにこの想いが繋がっていきますように。


そしてスタッフの支えがありこの展示は開催する事ができました
外で雨が降っても想いを伝え続けたスタッフの言葉です

今回も外で叫ばせて頂いたわけだけど、風化していく現実を目の当たりにした一週間だったわ。多くの人の関心のなさに愕然とし、心が折れそうになることもあった。でも、100人のうち1人でも入場してくれて、感じて想いが伝わってくれればって思った。たとえ入場してもらえなかったとしても、私たちの声が多くの人の耳にはいるだけでも意味があるって、そんな風に思った。そして、このみんなの想いが波紋していくと信じて・・☆おしゃ連たちが集う東京で、ぶちかましてやったわいっ(爆)原動力はいつだって、Leaves Workのみんなでした!有難う!!がむしゃらって素敵よね。凄い力よね。一生忘れないようなGWになりました。またみんなでぶちかますのを楽しみにしておる。


人の本気を笑ったりすることなんてできない

だからこそ本気で思うんだ
この展示はしっかりと人とヒトを繋げ、きっかけになると

5/25(金)-5/27(日)神戸で展示会を開催します
6月には福島県南相馬市で展示会を開催します

3.11の7921人の空の写真、想いを岩手、宮城、福島、茨城に寄贈します
http://camp-fire.jp/projects/view/245


東京、神戸、福島の3県の展示で作る「ちきゅう」

地球最終日.jpg

そして展示会に来てくれて、パズルを作ってくれた3歳の男の子から
「お空はきれいだね。青いそらも夜も。」
できあがったパズルと鯉のぼり

7844ce20984211e1abb012313813106f_7.jpg

改めて展示に参加して下さったみんなに感謝を
そして展示が終わった時に思いました

終わりははじまり
関西の皆さん。繋がりましょう。神戸の展示に来て下さい。

「同じ空の下、繋がる時。繋がりましょう。」


固定リンク | この記事を編集する
きぼうの光、ちきゅう
大杉隼平写真展「日常と非日常 -1年経って思い出したあの日-」
4/30(月)-5/6(日) 12:00-22:00

来場者と作る企画3日目

子供たちと作る「きぼうの光」

3日目ハート.jpg

ちきゅう

3日目ちきゅう.jpg

本日もお待ちしております。
固定リンク | この記事を編集する
きぼうの光、ちきゅう
大杉隼平写真展「日常と非日常 -1年経って思い出したあの日-」
4/30(月)-5/6(日) 12:00-22:00

来場者と作る企画2日目

子供たちと作る「きぼうの光」

ハート2日目.jpg

ちきゅう



2日目地球.jpg

毎日更新します。
固定リンク | この記事を編集する
きぼうの光、ちきゅう
大杉隼平写真展「日常と非日常 -1年経って思い出したあの日-」
4/30(月)-5/6(日) 12:00-22:00

来場者と作る企画1日目

子供たちと作る「きぼうの光」


1日目99.jpg

「ちきゅう」


1日目.jpg

毎日更新します
固定リンク | この記事を編集する
20キロ圏内の景色...
読んで下さい。知って下さい。心からお願いします。

20キロ圏内に行きました。
音のない世界。気配のない場所。はりつめた空気感。
あんなに無音な世界ははじめてでした。

でも知りたかった。今、放射能で多くの人達は苦しみ
非日常が日常となってしまう事を
そして、それを伝える事の意味をしっかりと知りたいと思いました。

写真展がはじまる日から1年前。福島、宮城に救援物資を持って行きました。
あの日に見た光景が今も20キロ圏内にはあって、時間が止まることを感じました。

今回の写真展は今の福島の写真が中心です。20キロ圏内の写真も多数あります。
そして福島では福島の人達の生の声を集めてくれている人達がいます。

今、改めて一緒に知ってみませんか?
その想いを。こんなにも情報が世の中に溢れる中で感じ方も受け取り方もそれぞれだと思います。でも現実を知る事はとても大切な事です。

「日常と非日常 1年経って思い出したあの日」
このタイトルに込めた想い。

http://www.shotmagazine.jp/2012/04/osugi-shunpei-exhibition-2012/

2012年3月11日
「空の写真を撮って送って下さい。同じ空の下、みんなが繋がっていられますように...」
集まった写真は約8000人。1日の空としては世界で1番の数で、想いの集まりです。
1枚に繋ぎ展示会で初公開となります。
その想いの結集は圧倒的で圧巻です。なにかがしたい....その想いの集まりです。

今、お願いがあります。
この展示に1人でも多くの方に来て頂きたいと思います。
それがなにかのきっかけとなり繋がっていきますように。

どうか告知をお願いします。大切な人に。
展示会中は自分も毎日会場におります。

この1年間、自分なりに全力で向き合い全力でできることを探し続けてきました。今も探し続けています。今、みなさんにお願いです。

どうかあなたにこの想いが届きます様に。

情報発信を1人1人の発信をお願いします。
固定リンク | この記事を編集する