ARCHIVES
【3月11日、空の写真を撮って下さい】

2011年3月11日
震災から1年 空を見上げ空の写真を撮って下さい
日本中、世界から集まった写真を1枚に繋ぎ、被災地に持って行きます。

震災から半年の9月11日の空
2025人から集まった空の写真は福島県南相馬市に寄贈し、市内の小学生全員にプレゼントしました

「同じ空の下、みんなが繋がっていられますように。」

_.jpg

震災から1年、今なにができるか なにかがしたい
そして皆の想いを被災地に持って行きます

続けて行こう

送り先
mail@shumpeiohsugi.com
shumpeiohsugi@gmail.com


3月11日、雨でも、曇っていても、晴れても
空を見上げその日の空をあなたの居場所から撮って下さい

固定リンク | この記事を編集する
time flies

時が経つのは早い
時間は平等なはずなのに

感じ方はそれぞれなのかもしれない

2012年
監修をさせて頂いたJ-WAVEのカレンダー

396283_253620704706933_100001770173169_651542_598330071_n.jpg

この1年がどのような年になるのか
去年の反省を踏まえ、明確にした目標に向かい1つ1つやっていこう

雑誌の特集で岩手、宮城、福島に行く
何をどう伝えるか 
精一杯の気持ちを込めて行きたいと思います

そして、TVの旅番組に出演する事になりインドネシアに行きます
スマトラ沖地震を経験した子ども達と時間を共にします

なにができるか...なにかがしたい
その想いの中で何かを伝え、持って帰ってこれるようにしたい

写真を通し子ども達に伝えられること


そして代表を務めるLeaves Workも動き出します
詳細は後日になりますが、GWに展示を行う予定です

固定リンク | この記事を編集する
Leaves Work-3/11日の空の写真を集めます-

Leaves Workを立ち上げた。

「忘れてはいけない記憶」
今なにができるだろうか…なにかがしたい。
その想いの集まりです。

微力が集まることで美力となり、なにかのきっかけになりますように。
人はヒトに支えられ生きている
人が大好きです。

9/11の日の空の写真
日本中、世界から集まった2025人の1日の空、想い。

sc2.jpg

南相馬市に寄贈し、南相馬市の小学校に通う小学生全員にプレゼントしました。

そして2012年3月11日また空の写真を集めます。
1枚に繋ぎ合わせて被災地に持って行きます。

凄く喜んでくれた。福島の展示で空の写真を見た方々の気持ち。想い。


写真-11.JPG

このキャンパスも福島の形で作りました。

続けよう。今できることを。
固定リンク | この記事を編集する
福島の人達から届いた言葉
2011年9月11日、日本(47都道府県)、世界(27カ国)から届いた2025人の空の写真。

一緒に時間を過ごした南相馬市の子ども達が言った言葉
「空って綺麗だね。放射能を気にしなくていいんだよね。」

どうにか空の写真をプレゼントしたい。そう強く思い呼びかける事にしました。想いと共に集まった1日の空。

南相馬市役所に寄贈し、南相馬市の小学校に通う小学生全員にプレゼントする事ができました。

そして、南相馬市・銘釀館での展示「想い、つながれ...」

来場して頂いた福島の方からメッセージが届きました。読んで下さい。

「被災地の写真は沢山みたけど、励みになる写真は今回が初めてでした ありがとう。」

「ただ感動。全く活動知らなかったし、何にもお手伝いできませんでしたが、家族に絵葉書として送らせて頂きます。」

「空の思い、壁に飾っています。日々の憂鬱さが安らぐよね。」

「南相馬に目を向けてくれた事ありがとうございます!変わらない日々だけどなんとか変えていかないとと、ちゃんとしなきゃと思った。」

「東京からの声がうれしかった。皆優しくて、忘れないように頑張って笑顔でいたいです!」

「仕事で疲れていたけど、写真や絵に癒された。マンネリな日常に麻痺していたけど、久々に感動したょ~」

「あの空間に入って空の写真をみたら涙が出てきました。本当人は人に支えられてるんだと思います。ありがとうございます。」

「人の為と活動して下さる姿に学ぶ事も多いのは被災したからの特権でもあるような、そんな展示会でした。」

「同じ環境でも辛い声があり、胸が痛んだけど、復興へ繋がるよう沢山の声が集まっていたのがうれしかったです!ありがとう!」

「素敵な写真や絵でした!色をつけたりミサンガプレゼントされたり楽しかったです。」

「一つの写真に詰まったいくつもの思いに心温められました。大切にします。」

「南相馬の声を読んで、自分とおなじように、みんな悩みながらもこの空の下で子育てしているんだと、改めて思いました。あの空の写真涙が出ました。いろいろな空の色、皆さんがそれぞれ私達を思って撮ってくれたのですね。もう少しここで、頑張ろうと思います。ありがとうございます!」

「空の写真が凄かった。空の色が本当に綺麗だった」


自分はなにができるのか。なにかがしたい。そう思い続け、今もそう思っています。

なにかが終われば、なにかがはじまる。

下北沢で開催した、大杉隼平と子ども達の写真展「my dear smile -笑顔のつづき-」
表参道で展示し、南相馬市で展示できた事。

来てくれた方、参加してくれた方の想いの集まり。

今、動き出そう。続けること。それが今、自分にできる全てだ。

2012年3月11日空の写真を撮って下さい。
皆さんから集まった空の写真を繋ぎ合わせて1枚の写真にして、被災地の人達にプレゼントします。「同じ空の下、繋がっていられますように...」

大杉隼平

固定リンク | この記事を編集する
福島県南相馬市、展示時間変更
福島県南相馬市、銘醸館での展示「想い、つながれ...」
11/25-11/27の展示時間が変更になりました。11:00〜17:00です。是非お越し下さい。
固定リンク | この記事を編集する